海外FX業者のFBSといえば、
何よりもレバレッジ3,000倍が
有名なFX業者ですよね。

 

そんなFBSですが、
取引時間ってどうなっているのでしょうか?

海外FXに限らず、FXの場合、
業者によって取引時間が違うので、
けっこう迷うこともありますよね。

 

その為、今回は、
FBSの取引時間に対して
お伝えしていきます。

 

月曜の取引開始時間から金曜の終了時間は?

FBSの場合、一週間の取引時間は、

夏時間:月曜朝6時~土曜朝5時59分
冬時間:月曜朝7時~土曜朝6時59分

となっています。

 

特に月曜朝一なんて、
窓が大きく開いたら
トレードチャンスがあるので、
朝6時(7時)から始まるのは有利です。

 

FBS以外の海外FX業者だと、

・6時05分(7時05分)から
・6時10分(7時10分)から

といったように、
ぴったり始まらない事があるので、
チャンスを逃すこともありますからね。

 

クリスマスや年末年始の取引時間は?

FXの場合、
クリスマスや年末年始の取引時間は
短縮になったりするので、
この辺りも注意が必要になります。

 

しかし、これらの取引時間は、
口座開設をしていれば、
必ずFBSからメールが来るので、
それをチェックすればOKです。

仮に口座開設がまだでも、
ホームページを見れば、
ニュースの欄に書いてあります。

 

大体、例年としては、

・12月24日:16時ぐらいまでの短縮取引
・12月25日:全休
・1月1日:全休
・1月2日:16時から開始

といった感じですが、
その年の曜日によっても変わるので、
メールやホームページの
ニュースをその都度見るのがベストです。

 

 

取引時間によってスプレッドが広がる

これはFBSに限らず、
どんなFX業者でも同じですが、
時間帯によっては、
スプレッドが広がることがあります。

 

特に広がる時間帯としては、

・月曜朝一
・毎朝6時~8時半ぐらいまで

といったように、
早朝の取引時間は
流動性が低いので
スプレッドが広がる傾向があります。

 

因みに、FBSの平均スプレッドは、

・ドル円:2.5
・ユーロドル:0.9
・ポンドドル:1.4
・オージードル:1.3
・ユーロ円:1.5
・ポンド円:2.8
・オージー円:1.7

といった感じで、
ドル円とポンド円は以外は、
かなり狭いです。

 

しかし、早朝の時間帯になると、
この平均スプレッドに
3~5ぐらいプラスになるので、
早朝の取引時間は、
あまりトレードはしない方がいいです。

ただ、月曜朝一に、
窓が大きく開いた場合は、
トレードチャンスになるので
私はトレードをしています。

 

スプレッドが広がるとはいえ、
ずっと広がったままではなく、
ちょこちょこ狭くなるので、
そこを狙ってピンポイントで
エントリーをしていきます。

 

FBSのスプレッドについて、
更に詳しく知りたい場合は、
以下の記事も読んでみてください。
FBSのスプレッドってどれくらい?FX通貨をリアルチェック!

 

問い合わせの時間は24時間OK

因みに、FBSに問い合わせ事項があって、
問い合わせをしたい場合は、
24時間いつでも問い合わせができます。

 

なぜなら、FBSの問い合わせ方法は
メールで行うので、
好きな時にいつでも送れるからです。

 

ただ、FBSはロシアに所在地があって、
日本と時差があるので、
24時間いつでも
返事が来るわけではありません。

 

大体、私の経験上だと、
夜の10~11時前後に
返事が来ることが多いです。

また、問い合わせ自体は、
日本語ができるスタッフがいるので、
日本語でOKです。

ちょっと日本語は変ですが・・・

 

まとめ

今回は、FBSの取引時間について
内容をお伝えしてきました。

 

再度、FBSの取引時間をまとめると、

夏時間:月曜朝6時~土曜朝5時59分
冬時間:月曜朝7時~土曜朝6時59分

となっているので、
この事を頭に入れておけば、
特に問題ないでしょう。

 

FBSでトレードをする際の
ベストな使い方を知りたい場合は、
以下の記事も読んでみてください。
FBSの使い方は何がベスト?FXでトレードをする際のコツ

 

FBSでも円口座で 
口座開設ができるようになりました。

因みに円口座が使える口座タイプは、

・マイクロ
・スタンダード
・ゼロスプレッド

この3種類になっています。

FBSを円口座で開設する場合はコチラ