FBSといえば、
最大レバレッジ3,000倍の
魅惑の海外FX業者です。

 

そんなFBSFXをする際に
何か疑問点などあった場合、
サポートへ連絡しますよね。

 

「でも、FBSって日本語で通じるの?」

なんてちょっと疑問に思いますよね。

 

海外FX業者の場合、
相手が基本的に外国人なので、
“最悪、英語で対応しなきゃいけない”
といった事もあり得るわけです。

 

そこで私が実際に
FBSでは日本語が通じるのかを
試してみた結果をお伝えします。

 

FBSのカスタマーサポートは日本語対応?

まず、FBSの公式ページを見ると、
日本語に翻訳されているので、
日本語を使えるスタッフが
いること自体は予想できます。

 

しかも、公式ページ内を
更に色々と見てみたところ、

「FBSカスタマーサポートは
現在日本語対応!」

といったページを見つけました。

 

ということで、FBSでは、
日本語で問い合わせをしても、
通じることがわかりました。

 

実際に日本語で問い合わせてみた

FBSでは”日本語対応可能”
ということがわかったので、
実際にサポートへ日本語で
メールを送ってみました。

 

因みに、内容としては、

「FBSでは口座開設ボーナスはあるのか?」

といった事を質問してみました。

 

そしたら、以下のように
日本語で返事がきました。

 

“お客様
平素よりお世話になっております。

FBSカスタマーサービスのルビーです。
早速ですが、お問い合わせ頂きました
ボーナスについて回答申し上げます。

お客様にとって良い知らせがあります。
当社は全く新しく
素晴らしいボーナスを用意しました!

もう少し興味をかき立てたいので、
最新ニュースに注目してください 。

そうすると、最新ボーナスについての
情報を誰よりも早く入手します。

ただし、すべて計画通りに進めには、
古いボーナスの一部を
キャンセルする必要があります”

 

どうでしょうか?

上記の日本語を読んでみて
意味を理解できますか?

 

まぁ・・・一応理解できますよね。

言葉の節々に「ん?」
と思う分はありますが、
こっちが質問したことに対して
納得できるような回答が一応来ました。

その為、”FBSでは日本語が使える”
と言っても良いでしょう。

 

FBSのFX口座はドル建て

日本語対応しているFBSですが、
FXの口座に関しては、
ドル建て口座となっています。

 

今では海外のFX業者でも、
円口座を用意している場所は多いのですが、
FBSの場合はまだ日本円の口座に
未対応なようです。

 

ただ、ドル建てだからといって、
別に損をするわけでもないので、
この辺りはそこまで
大きな影響は与えないでしょう。

 

口座開設は日本語で出来る?

カスタマーサポートの日本語対応に加えて、
口座開設についても、
日本語で開設ができるのかを
実際に試してみました。

 

今回は”Trade 100 Bonus”という、
口座開設キャンペーンを利用して
新規口座を開いてみました。

 

まず、一番最初の口座開設画面では、
以下のように表示されました。

 

問題なく日本語になっていますね。

そして”口座を開設”
という個所を押すと、
パスワードを設定する
画面が出てきました。

 

ここからパスワードを変更すると、
FBSから口座開設案内のメールが送られます。

 

そしてメールをチェックしてみると、
MT5の口座情報が送られてきました。

 

これで口座開設が完了しました。

一応、全て日本語で書かれていたので、
口座開設自体も普通に日本語で出来ます。

 

しかも、口座開設後には、
専用のマイページができるのですが、
これも日本語です。

 

このように、FBSでFXをする場合、
一応、全て日本語だけで事が足ります。

これなら安心して
FBSを使ってFXができますよね。

 

まとめ

今回は、FBSを使って、
FXをする場合、
日本語だけでも通じるのか?
ということを試してみました。

 

結果としては、
サポートの日本語力は
少し言い回しが変な部分もありますが、
こちらの意図を正しく理解して
適切な回答をくれました。

また、口座開設自体も、
全て日本語でできるので、
特に大きな心配なく、
トレードできることがわかりました。

 

その為、もしあなたが、
英語ができない場合でも、
全て日本語でOKなので、
安心して使うことができますよね。

 

 

 

FBSでも円口座で 
口座開設ができるようになりました。

因みに円口座が使える口座タイプは、

・マイクロ
・スタンダード
・ゼロスプレッド

この3種類になっています。

FBSを円口座で開設する場合はコチラ