FBSといえば、FXのトレードで
最大レバレッジが3,000倍で有名な
海外のFX業者です。

 

そんなFBSでのレバレッジですが、
実はレバレッジ制限があります。

では、そのレバレッジ制限はいったい
どこまで制限されてしまうのでしょうか?

今回はFBSのレバレッジ制限について
詳細をお伝えしていきます。

 

FXでのレバレッジ制限はどうなっている?

FBSでFXトレードをする場合、
レバレッジ制限があるのですが、
その詳細について、
早速お伝えしていきます。

まず、FBSのレバレッジ制限ですが、
資金量によって制限が掛かります

 

そして、その資金量と
レバレッジ制限の内容は
以下の表のようになっています。

資金レバレッジ
200ドル(約2万)3,000倍
2,000ドル(約20万)2,000倍
5,000ドル(約50万)1,000倍
30,000ドル(約300万)500倍
150,000ドル(約1,500万)200倍
無制限100倍
無制限50倍

 

上記の表を見てみると、
最大レバレッジの3,000倍が使えるのは
2万円の資金までみたいですね。

それでもたった2万円とはいえ、
レバレッジが3,000倍もあれば
かなりの大ロットでFXができます。

 

例えば、ドル円が110円だとした場合、
レバレッジ3,000倍だと
1万通貨の取引をするのに
必要証拠金はたったの367円です。

つまり、たった2万円でも、
最大で約53万通貨もの
ポジションを保有することができます。

 

もちろん、このロット数を
2万で保有した場合、
3pips逆行されただけで
強制ロスカットになるので
非現実的ですが。

 

しかも、
レバレッジ制限が掛かったとしても、
資金が20万までは
レバレッジが2,000倍ですからね。

これでも他の海外FX業者と比べると
圧倒的に高いレバレッジです。

 

それにここまでレバレッジが高いと、
使う資金もすごく少なく済むので、
20万も必要ないと思います。

せいぜい10万もあれば十分です。

その為、FBSでのレバレッジ制限は
あまりFXのトレードに対しては
影響を与えないですね。

 

入金ボーナスを使うとレバレッジ制限がある

FBSの場合、
100%入金ボーナスがあるのですが、
このボーナスを利用すると
500倍にレバレッジ制限が掛かります。

 

その為、仮に5万円を入金すると
更に5万円分の証拠金がもらえて
合計10万の資金でFXができますが、
実質のレバレッジは1,000倍です。

逆に入金ボーナスを使わないで
5万円を入金すると、
レバレッジ制限が掛かるものの、
レバレッジは2,000倍です。

 

だから、結局は
入金ボーナスを使わない方が
資金効率が良くなるので、
特にこのボーナスは
使う必要がないと思います。

 

口座タイプによってもレバレッジ制限がある

FBSでは、口座タイプが、

・セント口座
・マイクロ口座
・スタンダード口座
・ゼロスプレッド口座
・ECN口座

といったように、5種類あります。

 

そして、口座タイプによっても
レバレッジ制限があり、

・セント口座:最大1,000倍
・マイクロ口座:最大3,000倍
・スタンダード口座:最大3,000倍
・ゼロスプレッド口座:最大3,000倍
・ECN口座:最大500倍

となっています。

 

よって、
最大レバレッジ3,000倍を使うなら、

・マイクロ口座
・スタンダード口座
・ゼロスプレッド口座

この3つの内、どれかが良いでしょう。

 

オススメはスタンダード口座

私個人としてオススメなのが
スタンダード口座ですね。

なぜなら、他の2つの口座タイプは
スプレッドが広くなるからです。

 

例えば、マイクロ口座の場合だと、
3pipsからの固定スプレッドです。

また、ゼロスプレッド口座では、
スプレッド自体はゼロになるのですが、
取引手数料が1ロットあたり20ドル掛かります。

これはpipsに換算すると、
約2pips分となるので、
実質のスプレッドは2.0~になります。

 

一方でスタンダード口座の場合、
最低スプレッドは0.5pips~となっていて、
実際に平均スプレッドを調べてみたところ、

・ドル円:2.0~
・ユーロドル:0.9~
・ポンドドル:1.4~
・オージードル:1.6~
・ユーロ円:1.5~
・ポンド円:2.7~
・オージー円:1.6~

といった感じになっているので、
3つの口座タイプの中でも
もっとも狭いスプレッドです。

 

因みに、この平均スプレッドは
他の海外FX業者と比べても狭い方なので、
これにレバレッジ3,000倍が加わると
かなり使い勝手が良くなります。

その為、FBSでFXをするなら、
スタンダード口座がオススメです。

 

 

CFDにレバレッジ制限はある?

FBSでは、

・ゴールド
・原油
・日経先物

といったように、
CFDもFXと同じ口座で
トレードができます。

 

そして、CFDを取引する際には
レバレッジ制限自体はないのですが、
レバレッジが100倍となっています。

その為、FXのように
大きなレバレッジでは
取引ができなようになっています。

 

それでも国内のCFDだと、
レバレッジが10~20倍なので、
これと比べると十分過ぎるくらい
大きなレバレッジですよね。

 

仮想通貨にはレバレッジ制限がある?

実はFBSでは、
他の海外FX業者とは少し違って
仮想通貨のトレードもできます。

 

そして、
取引できる仮想通貨の種類は、

・ビットコイン
・イーサリアム
・ダッシュコイン
・ライトコイン

この4種類になっています。

 

ただ、仮想通貨では、CFD同様に
レバレッジ制限はないのですが、
レバレッジは3倍までとなっています。

その為、使い勝手としては
そこまでは良くないのですが、
FX口座1つあれば取引ができるので、
仮想通貨が大きく動いている時は
意外に便利だったりします。

 

まとめ

今回は、FBSでFXをする際の
レバレッジ制限について
詳細をお伝えしてきました。

 

FBSでレバレッジ3,000倍が使えるのは、
資金が2万円までとなるのですが、
それでも十分すぎるほどの
ロット数でトレードができます。

しかも、20万円までは
レバレッジが2,000倍までなので、
レバレッジ制限があっても
トレードに与える影響は
ほとんどないでしょう。

 

 

 

FBSでも円口座で 
口座開設ができるようになりました。

因みに円口座が使える口座タイプは、

・マイクロ
・スタンダード
・ゼロスプレッド

この3種類になっています。

FBSを円口座で開設する場合はコチラ