FBSといえば、
最大レバレッジが3,000倍で有名な
海外のFX業者です。

 

その為、間違った使い方をすると、
1発で全ての資金を失い、
最悪口座残高がマイナスになって
追証が発生して、
借金を背負うことになります。

 

しかし、海外のFX業者では、
追証が発生しない、
“ゼロカット”という制度があります。

そうなると、FBSでも、
ゼロカットがあるのか、
疑問に思いますよね。

 

そこで今回は、FBSでの
追証の有無について調べた結果を
お伝えしていきます。

 

FBSでは追証が発生しない?

FBSで万が一、ロスカットになって、
口座残高がマイナスになった場合、
追証が発生するかどうかですが、

“追証は発生しない”

という仕組みがFBSにもあります。

 

その為、口座残高がマイナスになると、
ゼロカットが機能して、
口座残高がゼロにリセットされます。

 

よって、万が一、
大暴落に巻き込まれても、
最悪、自己資金だけで損失は済みます。

 

これはありがたいですよね。

もし、国内のFX業者だったら、
ゼロカットがないので、
追証が発生します。

 

実際に2015年のスイスショックでは、
スイス系の通貨を保有していた人達は
大損をして口座残高がマイナスになり、
追証が発生していましたからね。

しかも、その追証の金額も、
数百万~数千万になった人もいたくらいです。

 

追証が発生する場合もある?

FBSでは基本的に追証は発生しませんが、
実は追証が発生する場合もあります。

 

というのも、FBSのトレード規約を読むと、

“特別な場合、
(当社が顧客の行為を意図的行為とみなす場合)には、
当社は顧客からの債務の支払いを
請求する権利を留保す”

といった事が書いてあります。

 

つまり、ゼロカットを意図的に利用した
トレードをして追証が発生した場合は、
その分を請求されることになります。

 

このトレードの典型的な例として、
月曜朝一の窓開けを狙った
両建てトレードになります。

 

例えば、金曜の終値で、
フルレバレッジを使って
買いと売りで両建てをします。

 

そして、月曜朝一に
上に窓が開いたとしたら、

・売りはロスカット
・買いは爆益

といったトレードになります。

 

この時にロスカットになって
口座残高がマイナスになった分は
ゼロカットによってリセットされます。

 

これによって残るのは、
爆益になった買いポジションになり、
トータルで見るとプラスになるのです。

その為、このトレードを繰り返せば、
資金はどんどん増えていくわけです。

 

しかし、ゼロカットというのは、
顧客の損失分をFBS側が自腹で補填しています

つまり、FBS側の損失になっているのです。

 

よって、意図的にゼロカットを
発生させるようなトレードを繰り返されると、
その分、FBS側の損失も増えることになるので、
このようなトレードをした際は、
追証が発生するようになっているのです。

 

2つの口座で片方に残高がある場合も追証が発生する

これは今お伝えした、
両建てでのおトレードに付随するのですが、
もし、FBSで2つの口座を持っていて、
そのどちらかで口座残高がマイナスになると、
もう片方に資金がある場合は、
そっちから追証分の金額差し引かれます。

 

このこともFBSの規約に
以下のように書いてあります。

 

“FBS は、顧客が異なる登録データ、
(例えば、週末または取引時間の間に
開かれている同じ取引ツールで
反対の注文を開く場合)で
2 つ以上の口座を持つと
考えられる理由がある場合、
ある口座残高を上回る損失を、
顧客の別の口座から差し引く権利を留保する”

 

よって、まとめると、
追証が発生する場合というのは、

“意図的にゼロカットを発生させて、
FBS側に損失を与えた時”

ということになります。

 

ロスカットはいつ実行される?

追証に関係してくるのが、
ロスカットになるのですが、
これはどうなったら実行されるのか
気になる部分ではありますよね。

 

そこで、ロスカット基準について
調べてみたところ、FBSでは、

“必要証拠金の維持率が20%以下”

となっていました。

 

例えば、ドル円が110円の状態で
10万通貨のトレードをする場合、
必要な証拠金は3,670円になります。

その為、資金が3,670円の20%以下、
つまり、734円以下になったら
ロスカットが発動されます。

そして、更にこれ以上の損失を出すと、
追証なしのゼロカットによって、
口座残高がゼロへリセットされます。

 

まとめ

今回は、FBSの追証について、
調べた結果をお伝えしました。

 

FBSでは基本的に
追証は発生しませんが、
意図的にゼロカットを狙うと、
追証が発生するので注意が必要です。

ただ、普通にトレードさえしていれば、
まず追証が発生することはないので、
そこは安心できますよね。

 

そんな追証なしのFBSで、
口座開設をする場合は、
以下から新規口座が開けます。

 

 

 

FBSでも円口座で 
口座開設ができるようになりました。

因みに円口座が使える口座タイプは、

・マイクロ
・スタンダード
・ゼロスプレッド

この3種類になっています。

FBSを円口座で開設する場合はコチラ